このタッチ、この構図に見覚えのある方も多いでしょう。フランスWカップの公式ポスターや米ハーバード大学350周年記念壁画などで知られ、いま欧米で高い人気を誇る画家、ミッシェル・ドラクロワの作品は、どれも水準以上のものばかり。そのなかでも、旧き良き時代のパリを描いて、ひと際評価の高いのが『ムーランルージュ』。ノスタルジックたっぷりに描かれた、ほのぼのとした暖かいタッチ、余裕のある落ち着いた構図。20世紀初頭の華やかしパリの、夜の社交場ムーランルージュをノスタルジックに描いて高い評価の傑作。聞こえてくるような陽気な喧騒とミュージック。ほのぼのと、いつまでも見飽きない逸品といえます。暮らしが変わってきます。迫力サイズのリトグラフで、価格も魅力です。数に限りがあります。この機会に、ぜひ、どうぞ。
夢誇れる逸品、格調のインテリア (藤原寛子さん・病院勤務・43歳)
十年も前からミッッシェル・ドラクロワが好きで、デパートの展覧会は欠かしたことはありません。格調高い、いい絵ばかりです。とにかく気持ちがなごみます。見ているだけでほのぼのとした気分になれるから、ストレス解消にもなります。最新の〈ONCE UPON A TIME IN PARIS〉のなかでも傑作の誉れ高い『ムーランルージュ』をリトグラフで我が家に飾れるなんてもう、大感激です。家族全員が誇れます。
1933年、フランス・パリ生まれ。美術学校の教師を経て74年、個展を開催するや大評判を博し、86年、米ハーバード大の350周年記念壁画を完成。98年、サッカー・ワールドカップ・フランス大会の公式ポスターを描いて話題になる。印象派の流れをくむモダンな画風で、いま欧米では人気随一。