貴重な映像と主題歌がたっぷり!!
「このような映像作品を待ってました。もう、満足の極みです」「裕次郎の70年来のファンです。昔を思い出して万感の涙、涙、涙です」「最高の映像&音楽体験!友達にも自慢しています」……と、いま全国で、とくに、シニア男女に大評判です。
石原裕次郎のデビューは昭和31年。兄の慎太郎の小説「太陽の季節」が映画化されるに際して兄弟の縁でチョイと出演したことでした。この作品で注目され、すぐに日活映画で主役に抜てきされ(「狂った果実」)で、以降、主演作が次々と製作され、じわじわと人気があがってきました。そして、昭和33年の正月、「嵐を呼ぶ男」で、まさに人気大爆発!
ドラムを叩きジャズを歌い、激しいアクションで暴れ廻る新しいヒーローに日本中の若者が熱狂しました。 当時庶民の娯楽の王様であった映画にも新しい時代の到来を告げたのです。それから東京五輪までの約10年間で約50本、裕次郎の主演する日活映画が娯楽を席巻していきました。
また裕次郎が劇中で歌う主題歌もテイチクレコードから発売されヒットを連発、当時の小学生から若者たちが熱狂、「タフガイ」と呼ばれ足の長さと髪型が話題になり、ファッションにまで影響を与えてきました。まさに昭和30年代は《裕次郎の時代》だったといっても過言ではありません。
今回お届けする『石原裕次郎スクリーンメモリー』は、日活映画とテイチクレコードが共同で企画した画期的なDVDです。
映画のタイトルと同時に曲の前奏が流れはじめ、画面はその映画のハイライト(アクション&ラブシーンなど)が繰り広げられます。
歌はフルコーラス、エンドマークまで約3分20秒、共演は、北原三枝から浅丘ルリ子、芦川いづみ、吉永小百合…と、小林旭、赤木圭一郎…。
ロケ地の銀座、湘南、小樽、大阪、博多などは、まさに昭和30 年代そのもの、何から何まで、涙がでるほど懐かしさ満載です。
この時代に青春を過ごしたあなたなら、決して忘れられない我等が裕ちゃんの全盛時代が、眼と耳に甦ってくるから、もう、堪りません。何度でもお楽しみになれます。
私にとっては裕次郎といえば映画スターです。男性向けのアクション映画の素敵ですが多くの文芸作品は忘れられません。「若い人」は何度も観ました同級生だった小百合ちゃんにとっても最高の映画だったと思います。
(新宿区/女性・76歳)
中学2年の時に観た「憎いあンちくしょう」は衝撃的な映画だったなア。日本縦断ロケできたときには、学校をサボって見に行った想い出があります。車に憧れたのもあの映画の影響。ルリ子の綺麗だったことも懐かしい思いで。
(福岡市/男性・72歳)
このDVDはなんとも貴重なすぐれモノ。まるで裕次郎の代表作の予告編をみているようで感激。よく編集されている。楽曲の選択もよく選ばれている。私だけの贅沢なひとときに浸っています。ありがとう、いっておきます。
(横浜市/男性・69歳)
石原裕次郎スクリーンメモリー1
青春鮮烈!アクションとロマン。
熱き映画シーンとヒットソングで綴る映像詩。
銀座の恋の物語
夜霧よ今夜もありがとう
■狂った果実
「狂った果実(昭和31年 共演/北原三枝、津川雅彦)」より
■鷲と鷹
「鷲と鷹(昭和32年 共演/月丘夢路、長門裕之)」より
■俺は待ってるぜ
「俺は待ってるぜ(昭和32年 共演/北原三枝、二谷英明)」より
■錆びたナイフ
「錆びたナイフ(昭和33年 共演/北原三枝 、小林旭)」より
■明日は明日の風が吹く
「明日は明日の風が吹く(昭和33年 共演/北原三枝)」より
■紅の翼
「紅の翼(昭和33年 共演/芦川いづみ、中原早苗)」より
■銀座の恋の物語
「銀座の恋の物語(昭和37年 共演/浅丘ルリ子)」より
■赤いハンカチ
「赤いハンカチ(昭和39年 共演/浅丘ルリ子、二谷英明)」より
■夕陽の丘(デュエット:浅岡ルリ子)
「夕陽の丘(昭和39年 共演/浅丘ルリ子、和田浩治)」より
■黒い海峡
「黒い海峡(昭和39年 共演/十朱幸代、藤竜也)」より
■泣かせるぜ
「泣かせるぜ(昭和40年 共演/浅丘ルリ子、渡哲也)」より
■二人の世界
「二人の世界(昭和41年 共演/浅丘ルリ子)」より
■夜霧の慕情
「夜霧の慕情(昭和41年 共演/桑野みゆき)」より
■夜霧よ今夜もありがとう
「夜霧よ今夜もありがとう(昭和42年 共演/浅丘ルリ子)」より
石原裕次郎スクリーンメモリー2
男のロマン鮮烈。想い出シーンの映像で彩るビッグヒット集!
憎いあンちくしょう
夜霧のブルース
■北の旅人
「夕陽の丘(昭和39年 共演/浅丘ルリ子、和田浩治)」より
■ブランデーグラス
「夜霧のブルース(昭和38年 共演/浅丘ルリ子)」より
■港町 涙町 別れ町
「波止場の鷹(昭和42年 共演/浅丘ルリ子)」より
■恋の町札幌
「闘牛に賭ける男(昭和35年 共演/北原三枝)」より
■粋な別れ
「忘れるものか(昭和43年 共演/星由里子、二谷英明)」より
■よこはま物語
「夜の牙(昭和33年 共演/月丘夢路)」より
■時間(とき)よお前は…
「世界を賭ける恋(昭和34年 共演/浅丘ルリ子)」より
■俺はお前に弱いんだ
「憎いあンちくしょう(昭和37年 共演/浅丘ルリ子)」より
■王将・夫婦駒
「花と竜(昭和37年 共演/浅丘ルリ子)」より
■地獄花(台詞:浅丘ルリ子)
「昭和のいのち(昭和43年 共演/浅丘ルリ子、高橋英樹)」より
■青い滑走路
「帰らざる波止場(昭和41年 共演/浅丘ルリ子)」より
■サヨナラ横浜
「帰らざる波止場(昭和41年 共演/浅丘ルリ子)」より
■口笛が聞こえる港町
「赤い波止場(昭和33年 共演/北原三枝、二谷英明)」より
■わが人生に悔いなし
映画、数タイトル抜粋使用(北原三枝、浅丘ルリ子、吉永小百合)
石原裕次郎スクリーンメモリー3
夢とあこがれ。想い出の映画、その名シーンで綴るビッグヒット曲集!
嵐を呼ぶ男
狂った果実
■遥かなる愛
「泣かせるぜ(昭和40年 共演/浅丘ルリ子)」より
■昭和たずねびと
「青年の椅子(昭和37年 共演/芦川いづみ、水谷良重)」より
■別れの夜明け(デュエット:八代亜紀)
「憎いあンちくしょう(昭和37年 共演/浅丘ルリ子)」より
■嵐を呼ぶ男
「嵐を呼ぶ男(昭和32年 共演/北原三枝)」より
■逢えるじゃないかまたあした
「憎いあンちくしょう(昭和37年 共演/浅丘ルリ子)」より
■こぼれ花
「夜霧よ今夜も有難う( 昭和42年 共演/浅丘ルリ子、二谷英明)」より
■風速四十米
「風速四十米(昭和33年 共演/北原三枝、川地民夫)」より
■銀の指輪(デュエット:愛まち子)
「太陽への脱出(昭和38年 共演/岩崎加根子、二谷英明)」より
■想い出
「狂った果実(昭和31年 共演/北原三枝、岡田真澄)」より
■世界を賭ける恋
「裕次郎の欧州駈けある記(昭和34年)」より
■白い街
「アラブの嵐(昭和36年 共演/芦川いづみ)」より
■二露子に逢いたい
「銀座の恋の物語(昭和37年 共演/浅丘ルリ子)」より
■淡雪のワルツ
「夜若い人(昭和37年 共演/吉永小百合、浅丘ルリ子)
■忘れるものか
「何か面白いことないか(昭和38年 共演/浅丘ルリ子)」より
石原裕次郎スクリーンメモリー4
男の情熱とロマン。ヒットソングと映画の名シーンで彩る青春の映像詩!
勝利者
赤いハンカチ
■みんな誰かを愛してる
「男と男の生きる街(昭和37年 共演/渡辺美佐子)」より
■夜明けの街
「清水の暴れん坊(昭和34年 共演/北原三枝、赤木圭一郎)」より
■勇者たち
「嵐の勇者たち(昭和44年 共演/渡哲也、吉永小百合)」より
■嘆きのメロディー
「男なら夢をみろ(昭和34年 共演/芦川いづみ)」より
■おれの小樽
「勝利者(昭和32年 共演/北原三枝)」より
■夜のめぐり逢い(デュエット:八代亜紀)
「何か面白いことないか(昭和38年 共演/浅丘ルリ子)」より
■涙は俺がふく
「金門島にかける橋(昭和37年 共演/華欣、芦川いづみ)」より
■雪国の町
「赤いハンカチ(昭和39年 共演/浅丘ルリ子、二谷英明)」より
■ひとりのクラブ
「黄金の野郎ども(昭和42年 共演/宍戸錠、二谷英明)」より
■北国の空は燃えている
「白銀城の対決(昭和35年 共演/北原三枝、長門裕之)」より
■夜霧の終着駅
「夜霧のブルース(昭和38年 共演/浅丘ルリ子)」より
■さよならは昼下がり(真梨邑ケイ)
「夜のバラを消せ(昭和41年 共演/由美かおる、芦川いづみ)」より
■思い出さがし
「金門島にかける橋(昭和37年 共演/華欣、芦川いづみ)」より
■想い出はアカシア
「雲に向かって起つ(昭和37年 共演/浅丘ルリ子、田代みどり)」より