「今でもスグ唄えるから不思議」「私たちの世代には最高の贈り物」「贈った友達からも感謝されています」……と、いま全国で話題です。
人々の心を慰めた戦後のあの時代、いわゆる昭和の歌謡曲は、耳にするだけで、いまでも一緒に唄えます。、今だからこそ、愉しく懐かしく、みんなで唄える喜びがあります。
今回ご案内する、『永遠の戦後歌謡全集』は、戦後約10年間の名曲を、すべて網羅した、何とも貴重な歌謡全集です。昭和の歌謡史に燦然と輝く名曲・ヒット曲の数々を、伝説の、何とも懐かしい歌手たちによるオリジナル音源でお楽しみいただけます。あの時代の歌が、これだけ揃った歌謡全集は、他ではもちろん、もう、手に入れる機会はないかも知れません。
なんとも懐かしくて、親たち、兄弟・姉妹、あの友この友を思い出して感涙に浸れること、間違いありません。さあ、あなたも、あの時代に思いをはせて、存分に、思いっきり感涙に浸れます。
かえり船
●かえり船/田端義夫
●夜霧のブルース/ディック・ミネ
●月がとっても青いから/菅原都々子
●ふるさとの燈台/田端義夫
●雨の酒場で/ディック・ミネ
●玄海ブルース/田端義夫
●長崎エレジー/ディック・ミネ、藤原千多歌
●むすめ巡礼/鈴木三重子
●江の島悲歌/菅原都々子
●かよい船/田端義夫
●母紅梅の唄/菊池章子
●連絡船の唄/菅原都々子
●星の流れに/菊池章子
●お別れ公衆電話/松山恵子
●愛ちゃんはお嫁に/鈴木三重子
●未練の波止場/松山恵子
●憧れは馬車に乗って/菅原都々子
●お月さん今晩わ/藤島桓夫
●泪の夜汽車/真木不二夫
●岸壁の母/菊池章子
リンゴの唄
●リンゴの唄/並木路子、霧島 昇
●東京ブギウギ/笠置シヅ子
●青い山脈/藤山一郎、奈良光枝
●悲しき口笛/美空ひばり
●長崎の鐘/藤山一郎
●水色のワルツ/二葉あき子
●あざみの歌/伊藤久男
●リンゴ追分/美空ひばり
●胸の振子/霧島昇
●君の名は/織井茂子
●高原列車は行く/岡本敦郎
●小島通いの郵便船/青木光一
●三百六十五夜/霧島昇、松原 操
●無法松の一生/村田英雄
●柿の木坂の家/青木光一
●王将/村田英雄
●ソーラン渡り鳥/こまどり姉妹
●どうせひろった恋だもの/初代コロムビア・ローズ●港町十三番地/美空ひばり
●東京だョおっ母さん/島倉千代子
憧れのハワイ航路
●憧れのハワイ航路/岡晴夫
●長崎のザボン売り/小畑実
●上海帰りのリル/津村謙
●赤いランプの終列車/春日八郎
●啼くな小鳩よ/岡晴夫
●小判鮫の唄/小畑実
●お富さん/春日八郎
●喫茶店の片隅で/松島詩子
●雪の降る街を/高英男
●リンゴ村から/三橋美智也
●別れの一本杉/春日八郎
●おんな船頭唄/三橋美智也
●ここに幸あり/大津美子
●哀愁列車/三橋美智也
●南国土佐を後にして/ペギー葉山
●古城/三橋美智也
●下町の太陽/倍賞千恵子
●長崎の女 春日八郎
●ウナ・セラ・ディ東京/ザ・ピーナッツ
●東京の灯よいつまでも/新川二朗
港が見える丘
●港が見える丘/平野愛子
●銀座カンカン娘/高峰秀子
●夜来香/山口淑子
●異国の丘/竹山逸郎、中村耕造
●高原の駅よ、さようなら/小畑実
●東京の屋根の下/灰田勝彦
●街のサンドイッチマン/鶴田浩二
●ガード下の靴みがき/宮城まり子
●赤と黒のブルース/鶴田浩二
●君恋し/フランク永井
●落葉しぐれ/三浦洸一
●アルプスの牧場/灰田勝彦
●若いお巡りさん/曽根史郎
●桑港のチャイナ街/渡辺はま子
●踊子/三浦洸一
●お座敷小唄/
 松尾和子、和田弘とマヒナスターズ
●誰よりも君を愛す/
 松尾和子、和田弘とマヒナスターズ
●湖愁/松島アキラ
●有楽町で逢いましょう/フランク永井
●いつでも夢を/橋幸夫、吉永小百合
チャンチキおけさ
●チャンチキおけさ/三波春夫
●懐しのブルース//高峰三枝子
●白い花の咲く頃/岡本敦郎
●君忘れじのブルース/淡谷のり子
●ズンドコ節(街の伊達男)/田端義夫
●カスバの女/エト邦枝
●イヨマンテの夜/伊藤久男
●麗人草の歌/林伊佐緒
●悲しき竹笛/近江俊郎、奈良光枝
●親子舟唄/田端義夫、白鳥みづえ
●青い夜霧の港町/大木実
●次男坊鴉/白根一男
●船方さんよ/三波春夫
●稗つきくずし/天津羽衣
●雪の渡り鳥/三波春夫
●湯の町エレジー/近江俊郎
●男のブルース/三船浩
●かりそめの恋/三条町子
●ダンスパーティーの夜/林伊佐緒
●星は何んでも知っている/平尾昌晃