ポケットサイズで持ち運び簡単。
旅行・ジョギング時や、
読書・寛ぎ・おやすみ時に!!
「こんなに便利な音楽プレイヤーがあるなんて感激です」「映画音楽のファンには格別の贈り物」「外出時にポケットに入れて持ち歩いています」「寝床に愛用。朝の寝覚めが爽やか」……と、いま全国で、コンパクトな、時計にもなるミュージック・プレイヤー『映画音楽の玉手箱』が話題です。
人気の秘密は、戦後わたし達を熱狂させた洋画のシーンそのままのサウンド・トラック60曲がまとめてエンドレスで身近かで聴けることはもちろん、

●ポケットに入れて持ち運びできる便利さ
●手のひらサイズのボックスにスピーカーが内蔵されていて、再生ボタン一つで、
 「いつでも、どこでも」「好きな時間に、好きなメロディー」を簡単に聴くことが出来る
●CDのように出し入れの手間はなく、あなたのライフスタイルに合わせた鑑賞が自由に
 楽しめる多様性……


などが評判を呼んで、いま、愛用者が急増中です。
時計が付いた(FMラジオも聴けます)最新技術のポータブル・プレイヤーで、全60曲をエンドレスで通してエンジョイできます。取扱いは簡単。音量は自在に調節でき、旅行や、ちょっとしたお出かけにも便利で、とても重宝します。
映画音楽を想い出の場面そのままで堪能できる毎日に、さあ、あなたも、いまスグどうぞ。
人気商品につき、数に限りがあります。お早めにお申し込みください。
「ウエストサイド物語」のバルコニーの場面そのままの『トゥナイト』のデュエットを聴けるなんて感激です。目に浮かびます。使い勝手が良く、外出時も含め1週間に3日はお世話になっています。
(横浜市/女性・58歳)
この『映画音楽の玉手箱』は凄い。なんと懐かしの名画60作品のサントラが、聞きたい時に3時間ノンストップでOK。CDみたいな面倒くささなし。音質も映画と同じ。スマホ嫌いのわたしには最高の宝物です。本当にありがとう。
(京都市/男性・72歳)
枕元に置いています。毎晩熟睡できるのも大好きな映画音楽のお陰かも知れませんね。サウンド・トラックだから、あの映画この映画…。時にはステレオに繋いで聞きます。それも又格別ですよ。
(福岡市/女性・69 歳)
●「風と共に去りぬ」 タラのテーマ
●「ティファニーで朝食を」 ムーン・リバー
●「誰が為に鐘は鳴る」 誰が為に鐘は鳴る
●「愛情物語」 トゥー・ラブ ・アゲイン
●「大脱走」 大脱走のマーチ
●「ピンクの豹」 ピンクの豹
●「海底の黄金」 セレソ・ローサ
●「80日間世界一周」 80日間世界一周
●「ベン・ハー」 ベン・ハー序曲
●「カサブランカ」 時の過ぎゆくまま
●「酒とバラの日々」 酒とバラの日々
●「アパートの鍵貸します」 アパートの鍵貸します
●「シャレード」 シャレード
●「日曜はダメよ」 日曜はダメよ
●「モダン・タイムス」 スマイル
●「スイング・ホテル」 ホワイト・クリスマス
●「やさしく愛して」ラヴ・ミー・テンダー
●「タミーと独身者」 タミー
●「卒業」 サウンド・オブ・サイレンス
●「ゴースト ニューヨークの幻」 アンチェインド・メロディ
●「サウンド・オブ・ミュージッ」 ド・レ・ミの歌
●「ウエストサイド物語」 トゥナイト
●「雨に唄えば」 雨に唄えば
●「王様と私」 シャル・ウィ・ダンス
●「マイ・フェア・レディ」 踊りあかそう
●「ショウほど素敵な商売はない」 ショウほど素敵な商売はない
●「オズの魔法使」 虹の彼方に
●「メリー・ポピンズ」 チム・チム・チェリー
●「足ながおじさん」 サムシング・ガッタ・ギヴ
●「ピノキオ」 星に願いを
●「帰らざる河」 帰らざる河
●「ワイキキの結婚」 スウィート・レイラニ
●「ブルー・ハワイ」 ブルー・ハワイ
●「二人でお茶を」 二人でお茶を
●「トップ・ガン」 ふられた気持ち
●「銀嶺セレナーデ」 チャタヌーガ・チュー・チュー
●「我が道を往く」 星にスウィング
●「別働隊!」 モナ・リザ
●「四月の恋」 四月の恋
●「スタンド・バイ・ミー」 スタンド・バイ・ミー
●「第三の男」 第三の男(ハリー・ライムのテーマ)
●「太陽がいっぱい」 太陽がいっぱい
●「禁じられた遊び」 愛のロマンス
●「夜霧のしのび逢い」 夜霧のしのび逢い
●「旅情」 ヴェニスの夏の日
●「アイドルを探せ」 アイドルを探せ
●「女と男のいる舗道」 女と男のいる舗道
●「夕陽のガンマン」 夕陽のガンマン
●「荒野の用心棒」 荒野の用心棒
●「黄金の七人」 黄金の七人
●「太陽の下の18歳」 サンライト・ツイスト
●「ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」 ハード・デイズ・ナイト
●「監獄ロック」 監獄ロック
●「河の女」 マンボ・バカン
●「暴力教室」 ロック・アラウンド・ザ・クロック
●「大砂塵」 ジャニー・ギター
●「戦場にかける橋」 クワイ河マーチ
●「ハタリ!」 小象の行進
●「知りすぎていた男」 ケ・セラ・セラ
●「プリティ・ウーマン」 オー・プリティ・ウーマン