いま再び日本中を熱狂させている《阿修羅像》が、現代中国美術彫刻の名工の手で入念精巧に彫られて蘇りました。
阿修羅(あしゅら)は、もともと帝釈天と戦う悪魔とされていましたが、お釈迦様の説法を聞いて仏教に帰依し、その守護神になったと伝えられています。『三面六臂』といわれるように、顔が三つ、腕が六本の姿は、私たちに強烈なインパクトを与えます。 顔が三つ、腕が六本という姿は、仏教を守り、人々を守護する姿だといわれています。六本の腕でいろいろなメッセージを発しています。両腕の第一は胸の前で合掌しています。人々の幸せを祈っているのでしょうか。それとも、何かをさとしているのでしょうか。 第二の両腕は天を仰いでいます。もともとは太陽と月を掲げていたといわれています。「日蝕」「月蝕」を司る太陽神としての本質的な性格をあらわしています。太陽の光が閉ざされていれば、地上の生物はすべて死んでしまいます。それゆえ太陽神は生命神でもあります。 第三の両腕は「獲る」仕草をしているのです。もともとは弓と矢を持っていたといわれています。阿修羅が身に着けている宝飾は私たちに希望と歓びを与えてくれる「光り」だと云われています。腕輪に描かれた文様は宝相華文といわれ、仏の功徳を華に見立てた花文で、開運招福、災難厄除の吉祥文です。
この貴重な『阿修羅像』は、入魂の手彫り仏像のため数に限りがあります。一日でも早くお手元に飾れるよう、お申し込みはお早めにどうぞ。