2億5千万年前という太古の昔から、長い時間をかけて形成された、ヒマラヤ山脈の天然岩塩をくりぬいて造られたランプ。大自然のミネラル成分豊富な天然岩塩からは、空気のビタミンともいわれるマイナスイオンが放出され身体を癒す力を持っています。
 自然が生み出したヒーリングカラーの岩塩から、ほのかに透ける光はまるで朝日や夕焼けを見ているよう。高級ムード満点!心温まるピンク色や活力を与えるオレンジ色などを帯びた自然の造形物で、一つ一つの色・カタチが異なります。
 ヨーロッパではすでにヒーリング・インテリアとして人気を博し、特にドイツでは岩塩ランプの効能が広く認められ、幅広く活用されています。 ストレス社会の現代人に、ぜひ、お薦めしたい癒しの高級ランプです。
 アメリカからも注文の殺到する「ヒマラヤ・ライト」を、今回特別に限定輸入。日本では入手困難な希少品です。貴重な手づくり工芸で、天然の岩塩を用いていますので、個々の形や色、大きさは微妙に異なりますが、マイナス・イオン作用と、独特の色の灯りは共通で、必ずや満足のいく重厚なインテリアです。
 今回は、お申し込み先着順で1000名様に限り、中間コストをカットしたお得な価格でお届けします。この機会に、ぜひ、ご注文されることを、お薦めいたします。
セラピーの灯りに、ありがとう

長谷川和子さん(横浜市・38 歳)

天然のマイナスイオンを発散してくれる健康照明『ヒマラヤ・ライト』で心も身体も元気一杯の長谷川さん
 私にとって宝物ともいえる「ヒマラヤ・ライト」は、去年の十月、主人との結婚10周年記念の旅行で訪れたネパールの古都で、二億五千万年前の岩塩で手づくりされたインテリア照明というのが珍しく、また、「単なるムードのいい美しい照明とは違い、心身共に癒してくれますよ」という現地の店主の言葉を信じて、主人の反対を押し切って買ったものです。
 日本に帰って早速、二人の寝室に置きました。現金なもので主人も大賛成。点灯した瞬間から、オレンジ色の灯りが心地よく、ムードは満点。何故か心も和むのです。それだけではありません。二、三日経ってから気が付いたのですが、朝の目覚めがそれまでとは違い爽快なのです。私だけかと思っていたら主人もそうなんです。気分だけでなく何故か身体の調子まで快適に感じられるのです。
 そこで、研究熱心な主人が図書館で調べてきました。それによると、天然の岩塩には光りと熱を与えるとマイナス・イオンを発生させる働きがあるとのこと。この自然発生のマイナス・イオンが、心身に良い影響を与えるのでしょうか、ちょうど滝や渓流の近くで感じるのと同じ格別の爽快感を生じる、というのが、主人の研究報告(?)でした。私には難しいことはわかりませんが、このライトが、私たちに癒しと安らぎを与えてくれたことは間違いありません。夜中灯けている電気代だけは、ちょっと勿体ない気もしますが、夫婦共々、毎日の爽快さと安らいだ気分にいられることを思えば安いものです。 日本でも発売されれば、お友達にも教えてあげたいのですが……とにかく、岩塩クリスタル照明「ヒマラヤ・ライト」はお薦めです。